ブランドリフトサーベイについて

ブランドリフトサーベイについて
LINE Ads Platformでは広告配信の効果測定の一つに、ブランドリフト調査を行う為の「ブランドリフトサーベイ」をご用意しております。


「ブランドリフトサーベイ」は、LINE Ads Platformの広告配信と併せて、その広告接触の有無でユーザーを分類抽出し、それぞれのユーザーに対し、連携する調査会社によるブランドリフト調査を行い、広告効果を測定することができるオプションメニューです。


該当広告への接触者と非接触者に対し、広告認知度やブランド認知度・利用経験・好意度・利用意向などの項目を設定し調査することで、正確に広告効果を把握しその後のマーケティング活動に活かすことができます。


活用例としては、既にLINE Ads Platformにてリーチや送客、獲得面をKPIとして実施し、評価をして頂いたクライアント様が、新たに認知拡大などブランディング目的での活用も視野に入れ、ブランドリフトサーベイを実施するケースがございます。


※「ブランドリフトサーベイ」の利用には、事前の申込が必要です。

※発表時点での配信面は、「LINE」のタイムライン面のみです。今後変更・追加される可能性がございます。

※発表時点での対応フォーマットは、動画形式のみです。対応フォーマットは、今後変更・追加される可能性がございます。


調査レポートイメージ

ブランドリフトイメージ
広告配信後に、ブランドリフト調査結果をレポートとしてお渡し致します。


レポートでは設定した設問に応じて、性別年代やFQごとの広告認知率、性別年代ごとの各設問のリフトアップ数値などが確認する事ができ、その後のマーケティング活動に活かす事が出来ます。

調査項目例


調査設問について
調査の際に設定可能な設問例は上図の通りとなります。

調査設問はデフォルトで5問(必須4問+選択1問)、オプションで設問数を追加して頂く事も可能です。


■必須設問

・ブランド認知/利用経験:あなたは◯◯をどの程度ご存知ですか

・ブランド好意度:あなたは◯◯をどの程度お好きですか

・ブランド利用(購入)意向:あなたは◯◯をどの程度利用(購入)したいと思いますか。

・広告認知度:あなたは◯月◯日~◯月◯日の間に、LINEのタイムラインで以下の動画広告を見ましたか


■選択設問

※上図参照


スペックについて


ブランドリフトサーベイのスペック
メニューのスペックは上図のとおりとなります。


調査および配信を行うユーザーの年齢は10歳刻み、また、性年代を掛け合わせる事も可能です。

広告配信期間は7~10日間で、調査サンプルとして広告接触者1,000サンプル+広告非接触者1,000サンプル(調査対象の性年代で均等割付)での回収を目安としております。


例)調査対象が30代女性と40代女性の場合

広告接触者1,000サンプル(30代女性500サンプル+40代女性500サンプル)+広告非接触者1,000サンプル(30代女性500サンプル+40代女性500サンプル)での回収を目安とする。


実施までの流れ


サーベイの流れ

実施にあたっては上記を参考に、所定の形式に沿って、調査および配信を行う対象ユーザー層、調査設問を確定の上お申込頂き、配信用素材をご入稿ください。

広告配信から調査レポート作成までは、LINE社と調査会社にて行います。


詳細は別途資料がございますので、担当営業までご確認ください。


今回ご紹介したブランドリフトサーベイは「LINE Ads Platform 2017年7-9月」にも掲載しております。

資料のダウンロードはこちら


また、LINE Ads Platformへの掲載のご希望がございましたら以下の連絡先までお問い合わせください。

問い合わせ先:lap_req@linecorp.com

※仕様やスペックは公開時点での情報であり、変更の可能性がございます。